ホーム  > 当院におこしの方   >居宅介護支援事業所

 居宅介護支援事業所 回生 のご案内

ケアプラン作成・要介護認定申請代行は居宅介護支援事業所 回生 のケアマネジャーにご相談ください

 居宅介護支援事業所 回生 では八潮市内及び草加市内で要介護認定されたご本人及びご家族の方のご依頼により、介護保険に関わる以下の業務を適切かつ迅速な対応をさせていただきます。お気軽にご相談ください。



1.介護に関わるご相談、要介護認定申請の手続き代行
2.ケアプラン(居宅サービス計画)の作成
3.介護サービスを提供する居宅サービス事業者及び介護福祉施設との連絡調整
4.市町村、保険医療福祉サービス機関との連絡調整
5.居宅サービス利用時の苦情や疑問の受付対応


ケアプランの作成

 介護支援専門員(ケアマネジャー)が要介護者の心身の状況等に応じて、利用者が自宅において自立した日常生活を営むことができるように、要介護者本人及びご家族の希望選択に基づいた居宅サービス計画(ケアプラン)を作成いたします。
※ケアプラン作成の費用は全額介護保険で支払われますので、自己負担はありません。


介護保険認定手続きの代行

 介護保険で介護サービスを利用するには保険者である市町村に要介護認定を申請し、要介護の認定を受ける必要があります。 私達ケアマネジャーがご本人やご家族の代わりに要介護認定申請の手続きの代行をいたします。
※費用は無料です。


居宅介護支援事業所とは?

 居宅介護支援事業所は居宅において利用できるサービス(介護保険サービスだけでなく、介護保険対象外サービスも含む)などの紹介やサービスの調整、居宅介護支援費にかかる費用の計算や請求などを要介護者の代わりに行う事業所です。

指定居宅介護支援事業者には法人格が必要で、申請により都道府県が指定することになります。居宅介護支援事業所には介護支援専門員(ケアマネジャー)が常勤でいることが義務づけられ(他の業務との兼任可)、要介護者の依頼を受けて、心身の状況、環境、要介護者や家族の希望等を考慮して介護支援計画(ケアプラン)を作成したり、その他の介護に関する専門的な相談に応じることとなっています。

介護保険制度は高齢者ができるだけ在宅で自立して暮らせるようにサポートするための制度です。ケアマネジャーは常にご利用者の立場に立って居宅介護の支援を行っていきます。


ケアマネジャー(介護支援専門員)とは?

 ケアマネジャー(介護支援専門員)は介護保険制度において、居宅介護支援事業者(ケアプラン作成機関)、および介護 保険施設(特別養護老人ホーム、老人保健施設、療養型病床群等)において、介護サービス計画(ケアプラン)を作成する 専門職です。


居宅介護支援事業所
ケアプランの作成等の居宅介護支援事業については、全額介護保険により負担されますので、自己負担はありません(無料です)。お気軽にお問い合わせ下さい。